2012年 6月一般社団法人ものづくりネットワーク沖縄の電気自動車開発部門として事業開始(創業)
2013年 3月沖縄県産1人乗りマイクロEVを開発
2013年 9月うるま市より「EVコミュニティ構築事業」を受託、コンバートEVの開発開始
2015年10月リゾート地向けの8人乗りコミュニティビークル(CV8)の開発・発売
2016年 7月沖縄県より「戦略的基盤技術導入促進事業委託業務」を受託
 EV用モータ(88kw・210Nm)及びコントローラー(100kw)、
 リチウムイオンバッテリー用BMS(アクティブバランス)の開発
2016年10月カヌチャリゾートへ園内周遊用架装バスの開発・納入(1号車)
2017年 2月株式会社ヤマハモータ―パワープロダクツと製造委託契約を締結
2017年 3月株式会社ヤマハモータ―パワープロダクツへYG-M用FRPボディ開発納入
2017年 4月株式会社イメイドの設立(YG-Mの生産体制構築)
2017年 7月沖縄県より「戦略的基盤技術導入促進事業委託業務」を再受託
 コミュニティビークル用モータ(9kw、90Nm、3,200rpm)試作
 設計から試作を100%内製にてEV用モータの試作開発実施
 リチウムイオンバッテリー用BMS(パッシブバランス)の開発
2018年 8月YG-MのFRPボディ製品におけるRTM成形法を確立
2018年 9月沖縄ヤマハ向け公道走行車AR-07の製作(沖縄1号車)
2019年 5月宇都宮市大谷地区におけるグリーンスローモビリティ実証実験の受託
2019年 7月うるま市より「EV自動車普及促進事業」受託
 津堅島・久高島・伊江島・本部町八重岳等でAR-07を活用した実証開始
2019年 8月大手メーカー様向け小型潜水艇電装業務(設計含む)請負
2019年 9月株式会社ヤマハモータ―パワープロダクツよりソニーSC-1の車両・電装組立の請負
2019年10月シニアカートにおける自動走行制御の開発開始
2019年12月うるま市へAR-07×3台、YG-M×1台を納入(公道仕様車)
2021年 4月一般社団法人ものづくりネットワーク沖縄のビークル開発事業部メンバー全員を
株式会社イメイドへ転籍
2021年 4月株式会社イメイドの全株式を一般社団法人ものづくりネットワーク沖縄が取得
2021年 4月株式会社イメイドの業務を新経営体制にて開始